事業計画策定のポイント・ブログの一覧です

事業計画作成のポイント

事業計画書をつくるとメリットがあります 必要性と重要性

「売上」

「費用」

「返済計画」

「売上の見通しが甘い計画書」

「コストカットの金額が大きすぎる」

「新規事業の売上高の理由・根拠はあるか」

「設備投資が多すぎないか」

「コスト削減を厳しく見積もる」

「経営方針が矛盾してないか」

「極端な経費削減計画」

「チェックしてみる」

「新商品開発を折り込むとき」

事業計画書を作成するときの10のチェックポイント

  1. 実現不可能な計画や売上になっていないか
  2. ライバルにすぐマネされるビジネスになっていないか
  3. 対象となる顧客層を広げすぎていないか
  4. 事業を推進するための資源(ヒト・モノ・カネ・知識・ノウハウ・経験)を
    確保できているか
  5. 流通・販売方法をきちんと意識しているか
  6. 特許や商標、著作権などを侵害していないか
  7. 事業計画書の内容が専門的になりすぎていないか
  8. 事業計画書の量が膨大になりすぎていないか(15分程度で概要とポイントが
    伝わる量がベスト)A4用紙で10枚程度
  9. 書くべき内容の比重をまちがってないか(事業計画書のどの項目を一番
    伝えたいのか、あるいは相手はどの項目を一番知りたがっているのかで
    記述の比重は変わる。たとえばマーケットの将来性が魅力的なら、その
    説明を詳しくする)
  10. 説得力のある行動計画・アクションプランができているか

毎月、経営サポート情報をお届けします

資金調達や補助金等の情報を毎月1回〜2回、お届けします。

LINE公式アカウントに登録してくださった方にプレゼントを差し上げてます。

経営者サポート情報「金融機関取引編」です。

0I あなたの会社は、今、どれくらい借りられるのか?

02 決算書の内容が悪くても、融資をしてもらえる中小企業になる方法(1)

03 決算書の内容が悪くても、融資をしてもらえる中小企業になる方法(2)

04 経営者保証を外してもらうために経営者として知っておくべきこと

05 社長が保証人にならなくてもいい、日本政策金融公庫の5つの融資制度

06 銀行に融資を断られた時に、絶対にしておくべきこと

07 後継者個人が事業承継に必要な資金を調達しやすくなる制度

08 いざというときに知っておきたい、銀行融資に頼らない資金調達手法(1)

09 いざというときに知っておきたい、銀行融資に頼らない資金調達手法(2)

10 いざというときに知っておきたい、銀行融資に頼らない資金調達手法(3)

11 銀行から「借りてください」と言われる企業になるために、普段から作っておくべき資料

タイトルとURLをコピーしました