事業計画

事業計画書関連

事業計画

事業計画作成のポイント「新商品開発を折り込むとき」

新商品の開発や新規事業で巻き返しを考えている社長もおられるでしょう。事業計画書に「新商品開発で売上増」と記入している場合、「どのような商品」を「どのようなお客さん」に向けて、「どのように販売する」のかを具体的に記入します。
事業計画

事業計画作成のポイント「チェックしてみる」

事業計画書ができたら金融機関の担当者になったつもりでチェックしてみましょう。売上の根拠が明確になっているでしょうか。たとえば対前年でプラス5%の売上の計画になっているとして、どうして5%なのか根拠を説明できるでしょうか。
事業計画

事業計画作成のポイント「極端な経費削減計画」

新型コロナウィルスの影響で売上が激減し、役員報酬のカットとスタッフのリストラ、給与の引き下げを検討せざるを得ない場合があります。
事業計画

事業計画作成のポイント「経営方針が矛盾してないか」

事業計画は経営方針・戦略ありきです。数字はその後の話になります。経営方針は文章で表現します。経営方針と数値の計画は当然合致します。
事業計画

事業計画作成のポイント「コスト削減を厳しく見積もる」

経営改善を前提とした事業計画の場合、コスト削減計画をキッチリ作り込むことが大切でしょう。削減計画を実行する、時間をおいて計画と実数との差異をチェックして修正し、継続して削減計画に取り組んでいくことです。
事業計画

事業計画作成のポイント「設備投資が多すぎないか」

新規事業に参入するための設備投資が、過大なものになっていないか慎重に検討する必要があります。新規事業が計画通りに進めば収支はプラスになりますが、新たな事業が必ずプラスになるという「保証」はありません。
事業計画

事業計画作成のポイント「新規事業の売上高の理由・根拠はあるか」

計画を立てるときに、ありがちなのは売上が順調に伸びていく「楽観的な」数字を組み立てることです。仕入れ先の確保、販売先の確保、など具体的に決まっているのかカタイ数字の組み立てが望まれます。
事業計画

事業計画作成のポイント「コストカットの金額が大きすぎる」

売上を手堅く見積もると入ってくる額が減りますから、コストもそれに見合った額をカットしないと、利益が出ない計画書になります。
事業計画

事業計画作成のポイント「売上の見通しが甘い計画書」

補助金に添付する事業計画にしても、金融機関に融資を申し込むにしても、憶測だけの売上増の計画ではOKが出る可能性は低いのかな、と感じます。
事業計画

事業計画書作成のポイント「返済計画」

返済計画で大事なことは、返済原資を100%返済に充てる計画は作らないことです。理由は売上減少や経費の想定外の増加によって、利益が下振れするすることもあるからです。<p>返済金額は返済原資の60から70%くらいが妥当でしょう。
タイトルとURLをコピーしました