事業計画

事業計画

事業計画作成のポイント「新規事業の売上高の理由・根拠はあるか」

計画を立てるときに、ありがちなのは売上が順調に伸びていく「楽観的な」数字を組み立てることです。仕入れ先の確保、販売先の確保、など具体的に決まっているのかカタイ数字の組み立てが望まれます。
事業計画

事業計画作成のポイント「コストカットの金額が大きすぎる」

売上を手堅く見積もると入ってくる額が減りますから、コストもそれに見合った額をカットしないと、利益が出ない計画書になります。
事業計画

事業計画作成のポイント「売上の見通しが甘い計画書」

補助金に添付する事業計画にしても、金融機関に融資を申し込むにしても、憶測だけの売上増の計画ではOKが出る可能性は低いのかな、と感じます。
事業計画

事業計画書作成のポイント「返済計画」

返済計画で大事なことは、返済原資を100%返済に充てる計画は作らないことです。理由は売上減少や経費の想定外の増加によって、利益が下振れするすることもあるからです。<p>返済金額は返済原資の60から70%くらいが妥当でしょう。
事業計画

事業計画書作成のポイント「売上」

商品・サービスごと・売上の多少・店舗ごと・時間帯ごとなど、売上を特定の要素で分解して、伸びている・減っているところを表現するのです。
事業計画

事業計画書作成のポイント「費用」

仕入れ原価と販売管理費は見直しを何度もする項目になります。 仕入れ原価は合理的な根拠がないと下げられない部分です。 相見積もりをこれまでやってこなかった場合は、下げることは可能かもしれません。 下げるときは根拠を明確にす...
事業計画

事業計画書をつくるとメリットがあります 必要性と重要性

事業計画所を作ると事業部門ごと・商品サービスごとの損益状況を整理できる。「どの部門がどれだけ儲かっていますか?」どれが儲かっていて、どれが足を引っ張っているのか、よくわかっていないのが私たちです。時間や経費がかかっている割に、利益が出ていないものを発見できる手がかりが見つかります。
タイトルとURLをコピーしました