思い込みだとわかると、ビジネスの景色も変わる – ある経営者の体験から

思い込みだとわかると、ビジネスの景色も変わる - ある経営者の体験から 社長専門コーチング

先日、ふと見たYouTube動画で、胸を打たれる話に接しました。今日はその内容を皆さんにご紹介したいと思います。

私たち経営者は日々、様々な課題と向き合っています。売上が伸び悩む、優秀な人材が離職する、資金繰りが厳しい…。そんな悩みを抱えながら、答えを求めて右往左往した経験、ありませんか?

私自身、そんな日々を過ごしてきました。でも、そのYouTube動画を見て、もしかしたら問題の本質は、意外なところにあるのかもしれないと気づいたんです。

ある町工場の社長の物語

思い出した話があります。
ある中小企業の社長の体験です。その方は、従業員30人ほどの町工場を経営していたそうです。でも、景気の低迷や大手企業が生産拠点を海外移転させたなどで、会社が危機的状況に陥っていました。多額の負債を抱え、夜も眠れない日々が続いていたとか。

正直、他人事とは思えません。私も似たような経験がありますから。

しかし、その社長があるとき「思い込み」というものの存在に気づいたそうなんです。そして、それを少しずつ変えていくことで、状況が徐々に好転し始めたというんです。

今でも負債の返済中だそうですが、以前のような追い詰められた感覚はなくなり、出口の光が見えてきたとのこと。社員たちと一緒に一歩一歩前進しており、道半ばではあるけれど、確かな手応えを感じながら日々奮闘されているそうです。

「思い込み」って何だろう?

簡単に言えば、「思い込み」とは、私たちが無意識のうちに形成している、物事の捉え方や解釈の型のことだそうです。例えば…

  • 「この不況じゃ、しょうがない」
  • 「うちの会社には、どうせ限界がある」
  • 「成功する経営者は、特別な才能を持っている」

…なんて、考えたことありませんか?私は、恥ずかしながら頻繁に思っていました。

でも、これらの「当たり前という思い込み」が、知らず知らずのうちに私たちの行動を制限し、結果を左右しているんだそうです。「目から鱗が落ちる」って、まさにこのことかもしれません。

思い込みを変えるって、具体的にはどうするの?

正直、ここが一番知りたいところですよね。私もそう思いました。
YouTubeでは、こんなステップが紹介されていました。

  1. 自分の「思い込み」に気づく
  2. その思い込みがどこから来たのかを振り返る
  3. 新しい、前向きな思い込みを意識的に作る
  4. 継続的に実践する

簡単そうで難しそう。でも、やってみる価値はありそうです。

例えば、「この不況じゃ、しょうがない」という当たり前を、「不況だからこそ、新しいチャンスがある」に変えてみる。

考えてみれば、Airbnbだってリーマンショック後の不況期に生まれた会社です。不況だって、見方を変えれば大きなチャンスかもしれないですね。

最後に

「答えは自分の中にある」。動画の中のこの言葉が、妙に心に残っています。

確かに、専門家のアドバイスを聞いたり、成功事例を学んだりするのも大切です。でも、最終的には自分自身と向き合い、自分なりの答えを見つけることが重要です。

皆さんも、日々の経営の中で、ちょっと立ち止まって自分の「思い込み」を見つめてみませんか?それが、思わぬブレイクスルーにつながるかもしれません。

私自身、この動画を見て、自分の考え方を見直すきっかけをもらいました。まだ途上ですが、少しずつ変化を感じています。

皆さんの中で、もし「うちの会社はもう…」なんて思っている方がいたら、その考え方自体を疑ってみるのも良いかもしれません。その「思い込み」を外せば、新しい景色が見えてくるかもしれませんよ。

今回の話がみなさんの何かのヒントになれば幸いです。一緒に、新しい可能性を見つけていきましょう。

追伸:
この内容に共感し、自分の中の「当たり前」を見直してみたいと思った方もいるかもしれません。そんな方のために、こちらのサイトでは経営者の方々向けの様々な情報を掲載しています。よろしければ、ゆっくりご覧ください。

#経営者の思い込み #ビジネスの景色 #経営課題 #中小企業経営 #負債解決 #経営改善 #成功への道 #ビジネス思考 #経営者の体験 #前向きな思考 #企業改革 #成長戦略 #リーダーシップ #マインドセット #ビジネス成功 #経営参謀サービス #ビジネスコーチ #エグゼクティブコーチング