<経営には正解がないから意思決定といいます>

経営には正解がないから意思決定といいます 社長専門コーチング

わたしたちは子どもの頃から、問題集を解くという訓練をしています。

問題集には必ず解答があります。

その解答を暗記したり、解き方を覚えることを勉強と思っていました。

それが習い性となって「問題に答えは一つ」という習慣が抜けないのです。

ところが自分で経営をすると、課題に対する選択肢がたくさんあって、答えをなかなか決めらないということが起こります。

自分の選択・意思決定が正しいのか不安になることもあります。

選択・意思決定の答え合わせをしたいがために、社員に聞いたり、仲の良い社長に相談したり、税理士さんなど専門家に聴くものです。

ところが社員や仲良し社長には相談しにくい、税理士さんに相談するのは恥ずかしい。

メンターは客観的な立場で、率直な意見をくれる存在です。

社長さんは普段から気軽に連絡・相談できるメンターを持つことをお勧めします。

社長のメンター・経営参謀サービスはこちらをご覧ください

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
社長専門コーチング
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス