創業者必見!独自ドメインのメールとホームページで信頼を築く!創業・起業初期段階で大切なステップを解説

YouTube
北海道のセミナー講師 おおもっちゃん VLOG

創業して半年の方にお会いしました。

その方のホームページやメールアドレスがGmailであることに気付きました。

これは悪いことではないのですが、やはり独自ドメインのメールアドレスを持つことは大切だと思います。

創業1年ぐらい経ったら、独自ドメインのメールアドレスを作るべきだと思います。

また、ホームページについても、最初から大金をかけて作る必要はないと思います。

しかし、無料のホームページを作ることはお勧めです。

例えば、GoogleビジネスプロフィールやWix、Jimdoなどのサービスを利用して作成できます。

お客さんは名刺交換後、あなたのことを調べる際に、ホームページを見ます。

スマホで検索して、ホームページに掲載されている商品やサービス、社長さんの考え方などを確認することでしょう。

私の場合、ホームページにセミナーの様子やお客さんとの記念写真を掲載しているので、自分の人柄が伝わりやすくなっています。

ホームページやSNSなどを利用して、自分の魅力を伝えることが大切だと思うからです。

今日お会いした方とは、メールで連絡を取っていましたが、私のホームページを事前に見ていただいていました。

その方に、私の人柄が伝わっていると感じました。

創業してしばらくしたら、独自ドメインのメールアドレスとホームページを作成することをお勧めします。

それが、お客様との良い関係を築くための大切なステップだと思います。

今日はこれで終わります。ありがとうございます。

関連記事; 起業への勇気:私の道のりとその教訓を共有します

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
YouTube起業・創業
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス