融資を受けたい社長さんが不安を感じる時は

IMG_4954 融資

融資を受けたいけれど

金融機関がどのようなポイントを見ているのか

わからなくて不安、

そういう社長さんもおられます。

そういうときは譬え話をします。

「社長、社長が誰かからお金を貸してくれと言われたら

貸すか、貸さないかどうやって判断しますか?」

すると社長さんは過去の経験を思い出しているのか

天井を見上げながら考え始めます。

すると

  • 信頼できる人かどうか
  • お金を何に使うのか
  • いつまでに返してくれるのか
  • 返すお金はどうやって手に入れるのか

に気をつけるとの返答でした。

金融機関もそれに似ていますよ、とお話しします。

「信頼できる人かどうか」

信用情報を調べられます、

「お金を何に使うのか」

融資するお金の用途です。

用途が決まっていないのに、お金を借りたいって怪しいですから。

「いつまでに返してくれるのか」

据置期間、返済期間です。

根拠が大事です、収支計画を出して

「これなら返済できますね!」

と金融機関が納得してくれる計画が必要です。

「返すお金はどうやって手に入れるのか」

返済財源です、会社なら利益です。

事業計画を作って、売上がこうなるので

利益がこうなります、だから返済できます、

と説明することです。

いかがでしょうか。

平たく、わかりやすく、表現しました。

これだけでは不足ですから、

融資を受けようと考えておられる社長さんは

ぜひお近くの融資コンサルタントにご相談ください。

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
融資
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス