顧客満足と企業利益:バランスを見つける

顧客満足と企業利益:バランスを見つける 経営相談

はじめに

「顧客志向」は企業が価値を提供し、成功を収めるための鍵とされています。

しかし、企業が利益を追求することの重要性も同様に大切であることを忘れてはなりません。

本日は、顧客満足と企業利益との間にあるこの微妙なバランスについて考えてみましょう。

顧客志向と企業利益は一緒に考える

  • 顧客志向: 顧客の要望に対応することは、企業が市場で競争するためには不可欠です。しかし、それが企業の利益を損なう場合、本当に「顧客志向」が達成されていると言えるのでしょうか?
  • 企業利益: 企業が存在するためには利益が必要です。新たな顧客を開拓し、既存の顧客を維持することが企業の目的である一方で、その過程で適切な利益を得られなければ、企業の生存は危機に瀕します。

企業の存在意義と適性利益

人間が生きていくために水や酸素が必要なように、企業が存続するためには利益が必要です。

適性な利益がなければ、以下のような事は難しくなります。

  • 優秀な人材を雇用する
  • 設備投資を行う
  • 災害や不況といった不測の事態に備える
  • したがって、健全な経営とは、顧客満足と適性利益の両立にあると言えます。

若手経営者へのメッセージ

特に、若手経営者の皆様には、顧客満足と企業利益のバランスを見つけ、維持することの重要性を理解していただきたいと思います。

企業が顧客に価値を提供する一方で、適切な利益を確保し、持続可能な成長を達成することこそが、経営者の責任であり、最優先事項であるべきです。

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
経営相談
大本 佳典をフォローする