経済的余裕があるときこそ、節約の重要性を見失わないように:私たちが学んだ教訓

経済的余裕があるときこそ、節約の重要性を見失わないように:私たちが学んだ教訓 失敗からの逆転:経営者の教訓

突然の転機

私が以前所属していた会社は、経理部門の不正行為により、大切なオフィスを手放すことを余儀なくされました。失われたその場所は、私たちにとって非常に愛すべきものでした。しかしながら、この新たなスタートのための新しい場所への期待感も、私たちの心を満たしました。

新オフィスでの始まり

新しいオフィスでは、私たちは新鮮な感覚を求め、スタイリッシュな内装を施しました。高価な家具を社長室や新しい会議室に配し、作業の効率を上げるために最新のコピー機を2台も導入しました。このすべて新しい環境で、私たちは仕事の効率が向上することを確信していました。

しかし、新しいコピー機がどんなに早く印刷しても、売り上げが伴わなければ全く意味がありません。そして、リーマンショックが世界を襲ったとき、売り上げは急降下し、かつての豊かさは遠い記憶となりました。

後悔の時期と節約の大切さ

私たちの決断が、私たち自身を困難に立たせてしまった時、深い後悔を感じました。特に、金銭的に余裕があるときほど、見栄を張らず、必要最小限の出費を心がけるべきであるという「節約」の大切さを学びました。

節約の方法: 中古品の活用

  • オフィス用品
  • 什器
  • コピー機

これらでも、中古品で十分機能するものはたくさんあります。これらを活用することで、必要なものを手に入れつつもコストを抑えることが可能です。

経験から学ぶ: 余裕がある時こそ節約を

結局のところ、私たちが経験から学んだ教訓は、余裕がある時こそ節約し、無駄遣いを避けることの重要性です。経営者としては、未来を見越して適切な投資を行い、無駄な出費を見極める視点が必要です。特に、余裕があるときこそ、組織のために最善の決定を下すことが求められます。

誰もが学べる失敗

失敗から学ぶことは誰でもできます。でも、他人の失敗から学べるなら、その方がずっと楽ですよね。私たちの経験が、あなたが自分のビジネスで良い決断を下すのに役立つことを願っています。

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
失敗からの逆転:経営者の教訓
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス