継続するか判断に迷ったときの質問

判断に迷った時に自分にする質問 YouTube

今取り組んでいることや、仕事などを

続けるかどうか迷ったとき、

どのような基準で判断を下していますでしょうか。

単純な質問を自分にすることで、

決断を下せることがあります。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

(以下、YouTubeで話したことを文字起こししてます。アプリの Group Transcrive を使っています。誤変換もありますのでご承知おきください)

事業をやってて、迷った時に自分自身に質問をすることがあります。もしこの仕事をやっていなかったとして、これから改めて、新たに取り組むかどうかっていうのを質問するんですよ。

例えば今、もしセミナー講師をやっていなかったとしたら、今からセミナー講師をやりますか?って自分に問いかけるんですね。その答えがイエスだったら、まあオッケーなんです。それが脳今からセミナー講師やろうとは思わないっていう答えにたどり着いたら。

じゃあ、それをいつ辞めようかとか、それをつづけなきゃいけない理由とかっていうのを考え始めるんですよ。で、これって事業とか仕事だけじゃなくて、例えばうーん、何かの勉強していたとしますでしょう。Youtubeとか、youtubeの勉強をどこかの団体に旅行していたとします。

でそのまま続けようかどうかって迷った時に自分に問いかけるんですよ。もしまだこのユーチューブを勉強する塾に行ってなくて、それでこれから行くかどうかっていうことを問いかけるんです。自分にや今からだったら行かないなあっていう結論が出たんだったら、ちょっと考えなきゃいけないですよね。それを続ける意味が何かあるのって話なんです。

今虫この会社に入ってなかったとしてええ、改めてこの会社に入社して働きたいかどうかって自分に問いかけるんですよ。今からこの会社に入って働きたくないなと思ったんだったら、あの早くやめたほうがいいんじゃないですかねええ、本当単純な質問なんですけど、もしもこれをやっていなかったとして今からやりますか?と自分に問いかけると、本当の答えって見つかりますよ。

試しにやってみたらいかがでしょうか?

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
YouTube
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス