ロープレの正しいやり方

ロープレの正しいやり方 融資

銀行に行って銀行員からどういう質問をされるのか不安になることがあります。

こういうときには事前に練習できると安心ですね。

ただロープレといっても自分が社長の役、講師役が銀行員の役では、講師役からあれこれダメ出しをされて自信をなくす、と言う事はよく聞く話です。

もしこれからロープレで銀行に行く前に練習をしたいのでしたら、ぜひ次の方法をお勧めします。

自分が銀行員の役になって、講師の方に社長役をやってもらうんです。

こうするとあなたが銀行員の立場になって、どういう質問をするのか考えることになります。

この方が気づきがすごく多くなるんです。

ロープレ用の経営計画書を見て、銀行員の目線で、どのような質問をするのか、脳がフル回転します。

ロープレのあとで自分の経営計画書を見直したときに、足りないところや、もっと膨らましたところが良いところが見えてきます。

もしもロープレをする相手がいない場合は、融資を受けやすくなる会社づくりのサポートをご利用ください。

この記事を書いた人
おおもと経営オフィス 代表
大本 佳典

・経営の迷いを解消する経営参謀サービス:経営戦略、人事、財務の3つの柱であなたのビジネスをサポートします。
・美味しい料理と日本酒を楽しむこと、写真撮影が趣味です。
・このブログでは、ビジネスの知見や実践的なヒント、ビジネスのトレンドについて共有し、札幌や北海道のビジネス界に微力ながら貢献したいと思います。どうぞ、お付き合いください。

大本 佳典をフォローする
融資
大本 佳典をフォローする
おおもと経営オフィス