わたしのストーリー

 

◆失敗・・・いまだけ、金だけ、自分だけ◆

 

わたしが経営に携わっていたタクシー会社は、わたしが入社して21年目、46才の時に倒産しました。

 

わたしは25才の時に入社してタクシードライバーを振り出しに、総務部に配置換えになり課長として人事労務を担当していました。

 

37才の時に上司の経理担当が8億円を横領して逃亡、急遽わたしが経理係に任命されました。簿外債務として消費税5,000万円、社会保険料2億円など延滞金が明るみになり、わたしの経理係としての最初の仕事は役所との厳しい支払い交渉でした。

 

社長は若い方に交代し再スタートを切りましたが、リーマンショックなどで売上が激減、資金繰りを良くしようと社員さんの給与を大幅に引き下げ、社員満足や顧客満足を置き去りにした結果、会社は破綻して沢山の方々にご迷惑をおかけしました。

 

わたしは銀行借入の保証人をしており、1億6,523万9,180円の負債を背負いました。長年暮らしたマイホームは手放さざるを得ませんでした。

 

 

挫折・・・どん底から抜け出せない◆

 

そんな時に知り合いの経営コンサルに誘われ、失敗経験を生かせるからとコンサルの勉強をさせていただき、勢いで起業しました。

 

起業した当初は、好きなように自由に仕事ができると「独立・開業した開放感」に喜んでいましたが、そんな時はほんのわずかで厳しい現実が待っていました。

 

仕事がまったくなく、毎月、通帳残高が減っていくのを眺めてため息ばかり。

 

サラリーマン時代のツテを頼って仕事をもらったり、あちこちの異業種交流会に顔を出して名刺を配ったり、Facebookやメルマガの発信に力を入れましたが、成果はさっぱりでした。

 

サービス業でアルバイトをして食いつないでいましたが、事業の先がまったく見えずに不安な日々を送っていました。

 

心の支えは「もう2度と失敗したくない、かならず成功してやる」という執念でした。

 

そんなとき、ある勉強会に参加したことをキッカケにセミナーに力を入れるようにしました。

 

すると3年あまりで毎年100本の注文を安定していただけるようになり

 

「北海道でNo.1のセミナー講師ですよね」

 

と言われるまでになりました。

 

同時に経営コンサルの依頼も増えています。

 

仕事が増えた要因は「お客さんの声を聴いた」ことです。

 

お客さんの立場になって困っていることを解決する事が、仕事につながる事に今更ながら気づきました。

 

 

◆復活・・・助けられて今がある、人は生かされています。◆

 

さて、経営する側に立ってわかった事があります。以前、勤めていた倒産会社の社長は孤独で誰にも相談できずにいたのでしょう。独りで苦しみ、どうしたらいいのか正しい判断ができなかったのだと、今だから理解できます。

 

当時、私が社長の相談相手としての役を正しく担っていれば、倒産することはなかったかも知れません。いまでは「失敗した!」と心から悔やんでいます。

 

わたしは現在、相談役という立場で数社と契約をしています。

 

相談役といっても「こうしなさい」という上から目線のアドバイスはいたしません。

 

具体的には社長様の意思決定のために「考えの整理」をするお手伝いをします。

 

わたしは社長様が正しい経営判断をして、社員さんと共に幸せになっていただきたいです。

 

そのお手伝いをできるこの仕事に、わたしは幸せを感じています。 

 

 

 

 

LINE公式アカウント_.png