社員が取引先からバックマージンをもらっていることが発覚した事例

社内のリスク管理を再点検してはいかがでしょうか。 お仕事風景

社内のリスク管理を再点検してはいかがでしょうか。

社員が取引先からバックマージンをもらっていることが発覚した事例です。

営業マンのAはとても営業成績が良く、営業部長の覚えも良かったそうです。

ある日のこと、Aは所用のため有給休暇を取り会社を休みました。

事務員のBさんは毎朝、誰よりも早くに出社して、事務所の机を拭くのが日課でした。

事務員のBさんがいつもどおり、営業マンAの机を拭こうとした時、昨晩Aが飲み残したコーヒーカップが置いてあり、誤ってコーヒーをこぼしてしまいました。

事務員のBさんは、コーヒーを拭き取りながら、デスクの中にコーヒーが入ったら大変と、引き出しを開けて中を確認しました。

すると引き出しの中に営業マンA名義の通帳が無造作にありました。

Bさんは好奇心がわき、その通帳を手に取りパラパラとめくったのです。

(このこと自体は、人のプライバシーのこともありますし決して許されることではありません。)

Bさんが通帳をめくると、取引先から毎月お金が振り込まれていることに気づきました。

それをじっと見つめていたBさんは気づきました。

もしかしたらAは取引先と良からぬ事をしているかもしれない。

Bさんは通帳を、出社してきた営業部長に見せました。

営業部長は他人の通帳を勝手に見るのは、いかがなものかと内心思いましたが、Bさんの勢いに押されて内容を確認しました。

確かにAの個人通帳に、取引先から定期的に振り込みがあります。

「まさか・・・」部長は頭が真っ白になったそうです。

翌日、部長は出社した営業マンAを会議室に呼び出し、通帳のコピーを示しながら、事情説明を求めました。

営業マンAは真っ青になり、しばらく黙っていましたが、急に立ち上がり、申し訳ございませんと叫びました。

Aによりますと、かれこれ2年ほど取引先に安く販売する見返りとして、バックマージンをもらっていたとのこと。

この事例は、事務員のBさんがたまたまコーヒーをこぼし、好奇心から通帳をめくったことが発端で明るみになりました。

社員が個人的に、取引先からバックマージンをもらう行為は、会社に損害を及ぼすと同時に、取引先との信頼関係も損ないます。

営業マンのAはその後、懲戒処分を受けたとのことです。

バックマージンを払っていた取引先とは関係がギクシャクし、とうとう取引が切れました。

さて、こういう事態を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

わたしは物と心の両面から対策する事をおすすめします。

「物」とは目に見える形で対策することです。

例えば、定期的に異動をさせる(金融機関では3年から4年に必ず異動があるそうです)。

半年に1回、1週間ほど強制的に有給を取得させる、

などの制度を設ける事で、不正は明るみに出やすいです。

就業規則の罰則を厳しくすることも良いのかも知れませんが、採用には十分注意が必要です。

なんだか会社に信頼されてないなぁ、と感じる社員さんもいるからです。

「心」とは目に見えない部分の対策です。

社員教育が必要だとわたしは感じます。

モラルの教育は外部から講師を呼ぶのもよろしいのですが、

従業員100人以下の中堅・中小企業では、社長が自ら登壇して講師になる事をお勧めしてます。

社長との距離が近づくことで、社員さんに社長の考え方を直接つたえるのです。

社長の想い、会社の存在意義、会社の利益構造や、

さらに一歩踏み込んで決算書の内容などを従業員さんに教育する。

社長自ら教育することの余慶として、社員さん達と交流が深まり、

社員の意外な一面を発見して人材発掘にもつながります。

時間はかかっても信頼関係の醸成と、不正防止につながる構図を作っていくのです。

モラル教育は予防医学です。

社員を罪人にしないためにも、それを防止する措置と社員教育の必要性を感じた事例でした。

タイトルとURLをコピーしました