事業再構築補助金の申請サポート「一般的な」着手金・報酬額の相場はナンボ?

紋別流氷 経営相談

「事業再構築補助金の申請支援をお願いしたら、料金はいくらですか?」

という問い合わせが増えてます。

社長さんの多くは、補助金申請サポート報酬額の相場を知りません。

今日は気になる「料金」についてご紹介します。

【もくじ】   

1.補助金申請サポートの「一般的な」着手金・報酬額の相場は?

2.不適切な報酬額を提示する専門家は成功率が低い

3.事業再構築補助金は通りにくい…と考えると

——————————————————————————

1.補助金申請サポートの「一般的な」着手金・報酬額の相場は?

たとえば「ものづくり補助金」が出て間もないころ、

2013~2014年あたりでしたか、当時の申請サポート報酬の相場は、

以下のようでした。

着手金:20万円~30万円

成功報酬:20%~30%

まだ補助金申請の支援を行う専門家が少なかったため価格競争が起こりにくく、

現在の相場と比較すると高めです。

今の相場は、地方によってばらつきはありますが、

おおむね以下のようです。

着手金:5万円~10万円

成功報酬:10~15%

専門家の経験や実績によっても多少上下すると思いますが、

「一般的には」このあたりが相場だと考えてよいでしょう。

2.不適切な報酬額を提示する専門家は成功率が低い

さてところで、ときどき「?」と思うほど高額な報酬を提示する専門家の話を、

聞きます。

「いくらなんでも」と思うほど高い報酬額を提示する専門家。

なぜそんなに高いかというと、ずばり

「採択される成功率が低い」からでは…と私は考えています。

成功率が高ければ、報酬を吊り上げなくても

十分な売上を確保することができます。

慣れた専門家は補助金申請に関わる仕事量もよくわかっているので、

適切な報酬を設定できるのです。

また、経験が豊富なため、目利き力があります。

つまり、補助金採択に「通りそうな人」と「通りそうもない人」を

見極めることができるのです。

話を聞いて「採択されそうにない」と判断すれば、

「せっかくですが」とお断りするでしょう。

一方、不適切な報酬額を提示する専門家は自分の仕事量や、

その事業者が採択されるかどうかの見極めができず、

どうしても「受任すること」を優先しがちです。

受任すれば、少なくとも着手金は確実ですから。

もしかして申請書の作成段階で

「この事業は採択されそうにない」

とわかったら、とたんに仕事が雑になったりするかもしれません。

しかし事業者には、作成サポートしてもらった申請書の「質」までは、

なかなか判断できないのがつらいところです。

もし上記に示した(あくまでの私の周りの基準に過ぎませんが)以上の

金額を求めてくる専門家がいたら、もしかして着手金目当てで

「採択率の低い専門家」かもしれないと思ってもいいのではと

私は考えます。

3.事業再構築補助金は通りにくい…と考えると

経済産業省のリーフレットを見る限り「なんだか簡単そう」と思いがちですが、

実のところ事業再構築補助金のハードルは結構高いみたいです。

事業再構築補助金のリーフレットには、

「中小企業等事業再構築促進事業の活用イメージ」が掲載されています。

この裏面の事例を見ると、簡単に取ることができそうな気がしますよね。

●事業再構築補助金リーフレット

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/pdf/jigyo_saikoutiku.pdf

しかしあるコンサルタントが

経済産業省の担当者と話をしたとき、こんな言葉を聞いたそうです。

「事業再構築補助金は

リーフレットにアップされている例の内容だけだと落ちます

イノベーション、画期的な内容がないと採択はされません」

今回の事業再構築補助金の予算は1兆1485億円で、採択予定件数は55,000件。

平均すると、1件あたりの補助金額は2,088万円です。

ものづくり補助金よりも多いんですね。

普通に考えると、ものづくり補助金以上の新規性が必要になると思います。

事業再構築補助金は通りにくい…と考えると、

新規性のアイデアについて相談できる専門家に依頼しないと、

なかなか採択につなげるのは難しいでしょう。

また士業・コンサルタント側も

「申請書類の作成をサポートします」だけではなく、

事業内容についての相談も受けられるように準備しておきたいですね。

事業再構築補助金の予算額から逆算すると、1件あたり2,088万円。

すべての申請が2,088万円になることはありませんが、

仮に2,000万円の補助金申請を行うと考えましょう。

補助率が2/3だと、事業に必要な額は3,000万円になります。

3,000万円の資金が準備できなければ、

2,000万円の補助金の申請は通りません。

自己資金で準備できなければ、金融機関からの借り入れを考えるでしょう。

しかし懇意にしている金融機関を持っていないと、

なかなか借入の確約がもらえません。

事業再構築補助金は、「いかに金融機関から融資を引き出せるか」が

採択ポイントになってくると思います。

そのためには、金融機関との良好な関係を構築しておくことも

必要となってくるでしょう。

ご参考にされてください。

補助金のサポートをしてくれる専門家をお探しなら

こちらをオススメします。

一般社団法人融資コンサルタント協会 会員検索ページ

会員検索 | 一般社団法人融資コンサルタント協会
一般社団法人融資コンサルタント協会は、中小企業の成長・発展に貢献するため、融資・補助金取得サポートの専門家である「SP融資コンサルタント」「MA融資コンサルタント」「融資コンサルタントインストラクター」を養成・認証しています。

上記ページで「補助金にも詳しい」のチェックボックスをクリックして

検索してみてください。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

わたしは中小企業に事業評価性融資をしてもらい

やすい会社にするお手伝いをしています。

・事業計画の作成のサポートと、その進捗サポー

トをしています。

・融資申込から実行までの短縮サポートができま

す。

・創業者支援を積極的に行なっています。

・創業スクール全4回の講師を毎年、務めています。

そして、事業計画に基づいた毎月の実行支援のお

手伝いと、金融機関に提出する資料作りのお手伝

いをしています。

060-0005

北海道札幌市中央区北5西13-1-116

YN北5条ビル 6F

おおもと経営オフィス

代表 大本佳典

info@oomotokeiei.jp

LINE公式アカウント https://lin.ee/67aHuwT

LINE公式アカウント友達追加.png

#資金調達 #融資 #銀行取引 #資金繰り #創業 #リスケ #信用公庫 #信用組合 #保証協会 #経営行動計画 #経営改善計画

タイトルとURLをコピーしました