顧問契約サービス

顧問契約サービスの概要

社外参謀・パートナーとして社長さまの意思決定をサポートします。

会社に社長の右腕になる社員がいてくれたら、と思うことはないでしょうか。

幹部社員を雇うとしたら給料は高いですし、社会保険料や将来の退職金も含めると相当な金額になります。

社長には「自分にしかわからない」悩みや不安があります。

不安を社員に打ち明けることはできず、悩みごとを知り合いの社長に話すこともできず、一人で抱え込んでしまうこともあるでしょう。

そんなときに経験豊富なシニア世代が社長の右腕として、日々直面する経営課題・悩み・不安に一緒に向き合ってくれたらいかがでしょうか。

わたしは社長のパートナーとして、社長さま自身が納得できる経営判断のお手伝いをします。

経営コンサルティングというかたちで、月に1回訪問させていただき、社長さまと個別面談をします。

その都度、社長さまが気にしておられる経営課題をテーマにして、質問を重ねながら状況をうかがい、課題を明確にして解決策をいっしょに考えていきます。

必要に応じて社内ミーティングへの参加、社員研修、社員との個別面談なども行います。

わたしが顧問契約サービスを提供している理由

わたしは281人の会社の役員をしていた経験から、経営者の気持ちはよく理解できます。

部下との意見の違い、資金繰りの悩み、側近の裏切り、将来に対する不安など、実に様々な問題が、次から次に降って湧いてくるように襲ってきました。

そのとき救いになったのがアニキ的存在だったH社長でした。

H社長とは異業種交流会で知り合いました。

私が落ち込んでいる時は、2時間でも3時間でも話を聴いてくれました。

H社長はわたしを励まし、ときには厳しく叱ってくれました。

H社長の存在があったからこそ、今のわたしがあると言っても過言ではありません。

わたし自身の経験から、経営者には何でも気軽に相談できる「人」が必要だと断言できます。

わたしのスタイル

よくありがちな、コンサルタントが一方的に社長さまにアドバイスをするものではありません。

知識の押しつけではなく、外部の第三者の視点で社長さまにいろいろな着眼点を投げかけます。

社長ご自身が盲点に気づいていただき、社長さまが解決策を決めるというスタイルです。

「経営コンサルタント」は立場上、どうしても上から目線で一方的にアドバイスをしなければなりません。

また、経営コンサルタントは市場調査、財務分析、事業計画の策定などまで関わるイメージがあります。

一方、わたしは結果にコミットしませんが、社長さまが気軽に話しをできるメリットがあります。

3つのお約束

上から目線の押し付けアドバイスはいたしません。

「話す」ことよりも「聴く」ことに徹します。

価値を感じない時は、いつでも契約解除に応じます。

経営パートナーとしての役割

わたしの顧問先の社長さまは、

事業の成長を目指しているなかで、客観的にストレートな意見をくれる相手が欲しい

いま取り組んでいることが正しいのか、立ち止まって頭の整理をしたい

やるべきことはわかっているけれど、一歩踏み出すために背中を押して欲しい

といったご要望を持っておられました。

わたしはご要望に応じてコーチングを使って頭の整理をしていただいたり、第三者の立場でアドバイスをして、前に進むためのお手伝いをします。

社長さまからは、

質問すると自分の立場や性格を踏まえた上でアドバイスをもらえるのでとても助かっています。

わたし自身の言葉を導きだして下さった事で、長い間まとまらずにいた考えが明確になりました。

面談でまとまった考えを経営戦略に織り込んで、ひとつずつ課題を解決して、一歩ずつ前に進む実感があります。

と感想をいただいております。

月に1回の出社だけれど活躍は幹部社員並み「社外のナンバー2」とお考えください。


※ご参考・・・相談できる役員を雇用するときの報酬額は?(法定福利費・退職慰労金は別)

札幌市内の役員報酬は・・・

◆取締役(札幌市内)

平均年齢 53.7才
税込み年収 624万6,492円(1ヶ月 52万541円)

◆常務取締役(札幌市内)

平均年齢 55.9才
税込み年収 847万7,575円(1ヶ月 70万6,464円)

契約いただいている社長さまは

30代から40代の男性で、社員さんが5人以上、年間売上1億円前後、

「攻めは得意だけど守りが苦手で、組織や人の悩みを抱える成長欲求の強い起業家タイプ」

の方が多いです。

顧問契約サービスのご感想

安田大祐様

札幌リブレ行政書士法務事務所

代表行政書士

◆大本と契約をした目的は何でしたか。

大本さんへお願いしている顧問契約のズバリの目的は、「今よりも事業による成果を上げられる状態」になること、です。

その目的を果たすために、顧問契約をしていて特によかった点を下記3つ上げさせていただきます。

①自分の考えをまとめるための自問自答ならぬ、他問自答

最終的な結論を出すのは、経営者自身だと思っています。大本さんとのセッションでは、様々な問いかけをいただけますが、問いをいただくたびに、自分がどう考えているか、どう見ているか、どう想像するかを、言語化する必要があります。

言語化することで、自分がどう考えているか、本当にその考えで進めて良いのかを判断するためのきっかけとさせていただいています。

②決めたことに言い訳しないための、第三者

大本さんとのセッションで「やる」と決めたことは、自分との約束になりますが、その見届人として大本さんがいるような感じです。

やると決めたことをやらないということは、自分を裏切ることとなると同時に、大本さんに嘘をついたことにもなるので、約束した場面や、その経緯にいたったセッションの場面を思い出して、ちょっとしんどいときでも、「やるぞ」と思い起こして、行動を実行するための起点にさせていただいたりしています。

③課題提起の定期的なリマインダー

「前回こんな話をして、こういうことをするということになったけど、出来てますか?」というようなリマインドの連絡を定期的にいただけるので、そのときに、「あれ、出来てない」みたいなことがあれば、改めて実行策を着手せねば、と思わせるきっかけとなっております。

そうならぬように先出しで実行していけることが理想ですが、そうでなかった場合は、お尻を叩いておっかけられることになります。。。

が、結果的に実行されれば良いので、結果オーライ?(笑)

 料金 

新入社員以下の給料で、活躍は幹部社員並みの社外のNo.2とお考えください。

◆従業員50名までの会社経営者さま

¥ 165,000 (月額・消費税込み)
毎月1回、御社に訪問します。1回あたり3時間までの面談となります。(社員さんとの面談に振り替えることも可能です)
メール・電話での相談にも対応します。
ZOOMを利用した面談も対応できます。
契約期間は1年単位となります。(お試し期間あり)

◆個人事業主様

¥88,000(月額・消費税込み)
3ヶ月に1回、御社に訪問します。1回あたり3時間までの面談となります。
メール・電話での相談にも対応します。
ZOOMを利用した面談も対応できます。
契約期間は1年単位となります。(お試し期間あり)

オプション:

◆資金繰り表作成:+3万円/1ヶ月(税別)

※事前に試算表の提出をお願いいたします。

※顧問契約では書類作成、行政機関への申請手続きなどは取り扱っておりません。

タイトルとURLをコピーしました