ブログ

2020/12/29 09:59

会社は玄関に「倒産しました」という紙を貼った瞬間に終わります。倒産のリアル体験から。

倒産(破産)が決まって弁護士さんから渡されたペーパーです。

 

これを朝一番で玄関に貼って、施錠することがわたしの役目でした。

写真をクリックすると拡大して読むことができます。

R0019927.jpeg

R0019928.jpeg

R0019929.jpeg

 

玄関に貼って、カギをかけて、それで終わりました。

 

R0019925.jpeg

 

後日、内勤者の方々は書類の後片付けなど、雑用を率先してやってくださいました。

わたしは内心、とても心苦しかったです。申し訳ない思いでいっぱいでした。

社員さん、取引先など迷惑をたくさんかけました。

 

どうして倒産したのか?

いまだから話せることがあります。いくつかの商工会議所さんで講習会もやりました。

倒産しないための経営術「倒産のリアル体験」セミナー

 

住みなれたマイホームは差し押さえされて、引っ越しました。

R0020926.jpeg

 

祖父の代から40年以上住んでいました。

壊すのはあっという間です。

 

「ドロくさいコンサルタントだね」

「話しやすい先生です」

と言われますが、こういう経験をしているからかな、と自己分析してます。

 

YouTubeで「倒産体験」シリーズ動画を掲載してます。

 

※現在、SNSのコメントやダイレクトメッセージ、メール、電話でのご相談・ご質問は全てお断りしておりしてます。