お知らせ

2020-02-29 17:26:00

人間が生きていく上での幸、不幸は予測できないから、悪いことがあっても悲しんでばかりいてはいけない。

 

「塞翁が馬」

 

昔、中国の北方に胡という大変荒々しい民族がいて、胡の地と国境のとりでの近くに占いの上手な老人が住んでいました。

 

あるとき、どうしたことか老人が飼っていた馬が、とりでを越えて胡の国に逃げてしまった。

 

近所の人びとが「えらいことになりましたな、お気の毒に」と慰めてくれたが、老人は悲しそうな様子もなくいわれた。

 

「なあに、そのうちきっと、いいやつをつれてやってくるさ」といった。

 

老人がいったとおり、まもなく逃げた馬が、胡の名馬をひきつれて帰ってきたのです。

 

「よかったなァ、爺さん」。さっそく人びとが、お祝いにかけつけたが、老人はうれしそうな顔も見せずに、「いやいや、いつまた良くないことが起きるかもしれない」と答えた。

 

ある日、老人の息子が落馬して股の骨を折ってしまい、不自由な息子を気の毒がる人びとに、老人はまた平然といわれた。

 

「悲しむことはない。そのうちきっと幸せが訪れてくるだろうよ」。

 

あくる年、胡人の大軍が攻め込んできた。召集された村の若者たちは、弓や槍で戦ったが、十人中九人までもが死んでしまった。ところが老人の息子は、骨折していたために兵役をまぬがれ、父子とも無事でした。

 

「人間万事塞翁が馬」とは、人間が生きていく上での幸、不幸は予測できないから、悪いことがあっても悲しんでばかりいてはいけない、といういましめとして使われるようになった。

 

人は次から次と湧いてくる問題を自分の力で解決しようと思うから耐えられなくなる。

 

老人のように、物事にさからわず、すべてを天に託し、一つ一つ、できるものから片づけていくことだし、片づかなければ放っておくことです。

 

災難は幸運を招くものであったと、あとで分かってくるでしょう。

 

(わたしが若い頃、お師匠さんから学んだ教えです。)

2020-02-29 12:13:00

ラーメンとちゃんこ鍋のマリアージュ・北海道愛別町・弁慶さん

2020-02-27 21:11:00

鬼滅の刃のなかにパワハラ上司を発見(笑)

2020-02-27 12:04:00

札幌市内は大雪でワヤです(^^;

2020-02-26 21:09:00

応募者が面接をドタキャンする意外な理由

1 2 3 4